戦後の航空機開発

日本の航空機開発は大正時代に始まり、欧米に比べて航空機生産に遅れをとってきたものの第一次世界大戦で航空機の有用性が示されたことは有名です。特に陸軍から注目されたため、日本の造船メーカーや欧米の航空産業に機体やエンジンなどの生産を依頼するようになったと言われています。

しかし、日本の航空産業は敗戦をきかっけに航空機製作や開発・研究、運航まで禁止された時代があります。ここでは、戦後行われた航空機開発の経緯について解説していきましょう。

航空機開発が禁止された期間

冒頭でも説明した通り戦後連合軍が日本各地に駐留したことをきっかけに、航空機産業への取り組みは7年間禁止されました。7年の占領を通して各航空会社は完全に解体され、他の業種へ転換するよう命じられます。しかし、この7年間に航空会社のトップと呼ばれていた中島飛行機と三菱で明暗が分かれていったのです。

中島飛行機は戦後自動車やバイク、電車などの産業機械に手を出しました。これまで軍用航空機を専門に扱っていたので、何の基盤もなく別分野への製作に向かわざるをえなくなりました。今まで頼りにされていた航空技術者たちは退職に追い込まれ、多くの人が散逸していってしまったようです。

一方、三菱は、当時内燃機名古屋航空機製作所長だった岡野保次郎氏が航空技術者たちを温存することを決意します。しかし、三菱の場合は軍用航空機以外に造船や自動車、橋梁、産業機械に携わっていたので、航空開発が復活するまで技術者たち分散させてを辞めさせることはありませんでした。三菱は戦前まで国を背負い航空機や舶艦を建造してきたので、その気概を抱えて復活まで待つことができたのでしょう。

軍用機や、旅客機の開発について

第二次世界大戦が勃発すると共に日本の航空機産業は最高潮に達しました。戦後は航空開発が禁止されましたが、朝鮮戦争の際にアメリカが自国の戦闘機の修理や部品の供給を日本に依頼したことをきっかけに航空産業が復活します。しかし、ジェット機や大型旅客機、超音速機などこれまでの機体とは違うタイプに転換され、日本の航空会社では技術的に対応できずかなりの打撃を受けることになりました。

新たな産業時代に乗り遅れた日本は、防衛庁向けのアメリカ製航空機を仕様どおりに生産することで、基礎技術の安定化を図っていたと言われています。次々に新型航空機を操る連合軍に対して苦戦を強いられた日本でしたが、結果的に「傑作」と呼ばれる「零戦」などの機体を製作しています。

戦後初の旅客機として注目を集めている「MRJ」は、国内ジェット旅客機として三菱が開発、日本航空機製造の「YS-11型機」以来、半世紀ぶりの旅客機として開発されました。しかし、ここにきて5度目の納入延期が正式に発表されました。航空機開発に遅延はつきものだと言われていますが、さすがに2008年から5度目の遅れに呆れた人も多いことでしょう。

発展型のMRJの生い立ち

三菱が開発しているMRJは、2008年3月27日にローンチカスタマーとしてAMAが三菱に25機発注した旅客機です。事業化が確定した後は同年4月1日に設計・型式証明の取得・販売などを三菱航空機によって営業を開始し、製造においても三菱重工が担うことが決定しました。

MRJ90のメーカー標準座席数は88席、MRJ70は76席で、エンジンはどちらも低燃費・低騒音な米プラット・アンド・ホイットニー製の「ギヤード ターボファンエンジン」を採用しています。現在までの受注実績は、ANAホールディングスや日本航空を含め7社あり、合計472機です。

しかし、その中で確定発注されている機体は約半数の233機で、残りの機体はキャンセル可能もしくは購入権契約となっているのが実情です。MRJの量産初号機は当初2013年を納期としていましたが、主翼の材料を金属に変更したことによって約1年の遅延が決定しました。その後2014年、2015年、2017年、2018年と納期が遅れ、今回5度目の延期が発表されています。MRJは2019年末を目標に、2020年半ばの2年遅れまで延期するといった見通しを立てているようです。

そんな中、MRJのライバル航空「エンブラエル」は、次世代の航空機「E2シリーズ」を3機種で構成させています。最初の引き渡しが2018年の予定なので、MRJが不利な状況に追い込まれてしまうことは回避できません。同じエンジンを採用していることから両機が量産化した際は比較され、生産会社が選定されてしまうきっかけとなるのではないでしょうか。

まとめ

航空産業は冷戦終結によって世界的に軍縮されていることから、防衛庁向けの航空機の需要は伸びることはないだろうと言われています。従って各航空会社は積極的に大型旅客機などの民需拡大を試みているようです。また、リージョナルジェットという小型近距離御旅客機が急速に伸びています。このような大型プロジェクトを推し進めていくことに成功すれば、日本の航空産業は好調な業種へと展開していくのではないでしょうか。

Posted by user147